ノベルティを利用した宣伝効果

企業や団体にとって、自らの存在を顧客や取引先に十分認知してもらうことは経営の安定において非常に大切なことです。

特に、既に人々に周知されている大企業ならばともかく、そうでない組織にとってはまずは自社の認知度自体を高めていく努力が必要です。その一環として有効な手段が、自社のノベルティ商品を作成することです。ノベルティ商品とは、実際に役に立つ品物に自社の名前やロゴマークを入れた商品のことを言います。

メジャーなノベルティ商品としては、取引先に配る会社の名前やロゴ入りのカレンダーやメモ帳、あるいは顧客に配る旅館の名前入りのタオルなどが挙げられます。日常生活の中でそのカレンダーやメモ帳、タオルを使うことで、顧客や取引先の脳裏にその名前が刻まれていく効果を狙っています。人間はよく目にしているものに親しみを感じる習性があります。脳裏に名前が刻まれることで、何かを選ぼうとした時、無意識のうちにその会社やホテルの名前が候補にあがりやすくなるでしょう。

その無意識の効果が直接の商品販売促進効果に貢献する場合もありますし、直接の効果はなかったとしても、組織自体のイメージ向上につながる場合も少なくありません。ノベルティ商品の効果を最大限にするためにも、顧客や取引先にとって使ってもらいやすい商品を作るのが第一です。特にカレンダーなどは多くの取引先からもらう場合も多いので、その中から実際に選んで飾ってもらうためにも使い勝手に工夫を凝らした商品作りが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *