人目に付くノベルティグッズについて

展示会場には多くの顧客がブースに集まり、新製品の情報収集を行います。

展示会は企業にとってアピールの場であり、一人でも多くの顧客がブースに訪問することが重要なポイントになって来ます。また、ブースに訪れた顧客との名刺交換は展示会の中での大きな目的の一つです。現実的に名刺交換をしたくても顧客がブースに来てくれなければ出来ませんし、ブースに来ても商品をチェックしたり、カタログやパンフレットを持ち帰るだけでは名刺交換のチャンスも少なくなります。

名刺交換の率を上げるポイントとしてノベルティがあります。ノベルティを配布することで名刺交換率が高くなるとも言われているのですが、展示会は情報収集の場であり、ブースの中では製品カタログやパンフレットなどの印刷物を自由に持ち帰るようになっています。数か所のブースを回ると集めたカタログやパンフレットなどの冊子の量が膨大になり、手に持つことが出来なくなる人も多いと言えましょう。

ブースに訪れた顧客に紙袋のノベルティを配布すれば、手に持っている印刷物を中に入れて持ち歩けるようになります。また、紙袋などのノベルティを配布する代わりに名刺交換を条件にしておけば名刺交換率も高くなります。さらに、紙袋には社名やブランド、ロゴマークなどを印刷しておけば、展示会場内で紙袋を手提げにした状態で自然と企業名の宣伝が出来る、ノベルティを受け取った人が歩きながら宣伝をする効果に繋げることが出来るようになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *