ノベルティ選びのコツ

ノベルティと販促品は似ているように見えて大きな違いがあります。

販促品はポケットティッシュのように手軽でターゲット層も広いものが選ばれるのに対して、ノベルティはもう少しターゲットを絞って、一定の層に喜んでもらえるようなものを選ぶことが必要です。ノベルティは通常販売されていないレアアイテムが出ることもあり、それを収集してもらうことでファンを増やすという戦略をとることも可能です。

ノベルティ選びの基本は、季節に合わせたアイテムを打ち出すことです。カレンダー、うちわ、カイロなどです。これらは季節限定ではあるものの、高い使用頻度が見込まれます。初めての場合や、失敗が許されない場合は、定番アイテムを選ぶのがおすすめです。ボールペン、メモ帳、マグカップなどはインパクトには欠けるものの、使用頻度が高く、もらう側もいくつあっても困りません。

ターゲットも限定しないので、迷った時は定番アイテムでまとめるのもひとつの方法です。アピールが目的だからといって、社名やロゴをとにかく目立たせようとするのはあまりおすすめできません。目立ちすぎると使ってもらえない可能性があります。場合によっては名入れをしない決断も必要です。

ハンドタオルやエコバッグの場合、本体には社名は入れずに、タグに社名を入れるなどの工夫が効果的です。ノベルティの配り方にも工夫したいものです。たとえば配布する場所や配布する数を限定して、「ここでしか手に入らない」「100人しかもらえない」といったレア感を演出することで、大きな広告効果を生み出すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *