展示会用のノベルティ

企業が自社製品や開発品等を発表する場と成っている各種の展示会が今日もどこかの展示会場で行われております。

イベントといえば東京ビックサイトのゲームショーやコミケ、モーターショーなどが一般の方にはイメージし易いかも知れませんが展示会は日本企業、いや世界中の企業の参加により専門性の高い分野でほぼ毎月行われているのです。例えば機械要素展やオートモーティブワールドと言った工業とりわけ自動車産業に携わる企業の展示会ではねじ、バネから大型機械まで展示会場で目にすることができます。

そして自社製品や自社の名前の周知活動としてノベルティを配布する企業が多々あります。特に有名なのが某3次元CADメーカーや精密測定器メーカーではアルミ製のタンブラーやマグカップなどその企業の製品価格に応じたノベルティにしてはお金のかかったノベルティを配布しています。ちなみに一般的には社名の入ったペンやメモ帳、キーホルダー程度です。そこで一つ提案したいのが前述したペンやメモ帳などどこの会社でもやっておりただ名前が違うだけの物やタンブラーの様にコストをかけずに自社アピールを兼ね備えたインパクトあるノベルティの作成を提案します。

その代表例としてあるメタルインジェクションの企業では自社のその技術を使ったマイクロサイズの戦艦ヤマトのキーホルダーや社長の趣味である紙飛行機をあしらったキーホルダーで全て金属製、しかも詳細部分まで作成されております。又、最強のアルミねじを開発したあるねじ企業ではそのねじそのものを携帯ストラップとしてノベルティにしておりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *