ノベルティの意義と求められる要件

ノベルティとは、原義では「目新しいもの」とか「斬新さ」のことですが、最近は広告の手段の用語として主に使われ、スペシャル広告という場合もあります。

少し前までは景品広告とか実用品広告と呼ばれていました。商品の購入者やサービスの利用者に追加で品物をつける「プレミアム」とは異なり、あくまでも宣伝としてボールペン、ティッシュペーパー、タオル、使い捨てライターなど比較的安価な景品に社名や商品名を入れて配布するものを指しています。そしてその品物の選定によって消費者への訴求力が異なってきます。ノベルティを用いて宣伝効果を高めるためには、いかに消費者の目を引くかがポイントになります。

できれば他社がやっていないようなグッズが良いのですが、ひとつの原価が高いと配布できる数が減るという予算上の問題があり、そのあたりの兼ね合いをうまく調整する必要があります。その他の要件としては、まずターゲットの設定があります。幅広く訴求していくのか、狭い範囲に訴えかけるのかによってもグッズの選定は異なってきます。性別、年齢層なども考える必要があるでしょう。特に効果的なのは女性と子供であるとされています。

女性は流行に敏感ですし、子供が喜ぶものはその親にも感銘を与えます。またシーズン性というのも大切な要件となるでしょう。例えば暑い時期であれば、紫外線対策用のUVグローブやUVカットサンバイザーといったものも考えられます。花粉症の季節であれば、普段ならあまり関心を呼ばないティシュペーパーも有効なグッズになり得ます。このように、予算、ターゲット、シーズンなどを考慮しながら内容を決めていくのが、ノベルティを使った宣伝活動の大切なポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *