ノベルティの配布で考えるターゲットの絞り込み

ノベルティ商品を販促に利用する場合に重要なことは、性別や年齢層などでターゲットを絞った営業展開を考えることです。

利用する顧客を十分に把握できなければ、販促品の効果を発揮することは難しくなります。売りたい商品をだれにどのように紹介するかという戦略は必ず必要で、計画を練っていく中で配布する商品は決まってきます。ポケットティッシュやボールペンなどはある程度の需要を見込めますし、もらってうれしい商品です。日常で使用している商品はノベルティとしては人気が高い部類に入ります。

日常的に使用する商品を利用することは非常に便利ですが、企業の方向性として特別な印象を残したいと考えた場合、実用的でなくても持っていて楽しいものや普段目にしないものを受け取ると印象に残ります。商品を選ぶセンスは配布した商品を受け取った人が感じる企業のイメージになります。他とは違った扇子やデザイン、発想が個性的といった感想は商品を選ぶ上でもメーカーに対するこだわりを生みます。

ノベルティ商品の大半は企業名を入れたり商品名を入れて配布します。身近におかれることで常に目にする企業名は自然と記憶の中に残っていきます。配布する商品を何に役立てたいのか、どのような結果に結び付けたいかを十分に考えたうえで、配布する商品を選ぶことが大切です。選択する際には配布する季節や時期のことも考え、状況に応じた誰もがもらってうれしい商品を選択することが、販促効果の高いノベルティ商品だといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *