ノベルティグッズの選び方には注意が必要です

企業広報や商品宣伝のために、イベントや来店に際して贈る記念品のことをノベルティと呼んでいます。

古くから使われている手法です。カレンダーやボールペン、キーホルダーなどのアイテムがあって、種類は非常に多岐にわたっております。配布する側にとっては何を作ればいいのか、大変に悩ましいのが偽らざるところです。ノベルティグッズを配付することで、多大の効果が得られた実証データは少なくありません。WEBコンサルティングのサービス会社が展示会ブースで、肩こり解消のツールを無料配付したところ、名刺の獲得枚数が従来の約180%を記録したというのがあります。

名刺を獲得できたことで相手へのアプローチが非常にやりやすくなることは言うまでもありません。ノベルティグッズの果たした効果はすこぶる大きいものがあります。また別の調査では、もらってうれしいノベルティとしては実用的なものが多く上がっていました。ボールペン、カレンダー、クリアファイルなどは実際の仕事や家庭生活で役立つものですので、受け取った側も満足度が高いのです。

コストをかけて作ったにもかかわらず、全く喜んでもらえないか、あるいは迷惑に感じられるようであっては、全く意味がないどころか逆効果になります。そのためにもノベルティを配る対象がどういった層の人であるのかを正確に把握して、どんなグッズにするのかを検討する姿勢が求められます。一般消費者なのか、高齢のかたなのか、あるいは企業の管理職クラスの人であるのかによって、何を選択するかは大きく変わってくるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *