ノベルティアイテムはタオルがベスト

より多くのお客さんに利用してもらえるようなPRのためのノベルティアイテムにはさまざまなものが利用されています。

ティッシュペーパーやボールペンは誰もが使用するものでもあるので、配った後にも使ってもらえる可能性が高まるアイテムなのですが、中身のティッシュやインクがなくなってしまえば捨てられてしまうことになるので、PRもそこで終了となってしまいます。

タオルであれば、洗濯をすれば何でも使用ができるので末永くPRし続けることができ、自宅や企業で使用してもらえれば一つのアイテムでも多くの人にPRすることができます。オリジナルタオルは、素材の選択や大きさ、色など豊富なバリエーションがあり、そこに自社だけのオリジナル印刷を入れてもらうことができます。素材では、予算を抑えてたくさん作りたい場合には中国などで生産されているタオルが向いており、限られた顧客だけに良いものを用意したいという場合には今治タオルなどの国産ブランドタオルも用意されています。

印刷では、大量に作るという場合にはシルクスクリーンプリントが向いており、型枠の代金がかかるものの枚数が多くなるほどに一枚当たりの予算を抑えることに役立ちます。小ロットでの注文となれば版代が負担となってしまいますが、一枚ずつ印刷してもらえるインクジェットプリントであれば型枠を作る必要がありません。写真のような細かい絵柄であっても鮮明に印刷することができるので、印象が変わってしまう心配もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *