出産内祝いにはカタログギフトが喜ばれます

出産内祝いとは、赤ちゃんが誕生してお祝いの金品を贈ってくれた方に、祝ってくれた感謝の気持ちを込めて贈るお返しの品のことです。

出産内祝いの品物には、蝶結びの紅白の水引がついたのし紙に、水引の上部に内祝、下部に子供の名前を記入します。子供が初めて贈る品物なので、誰からも喜んでもらえる品が適しています。そのような事情から、好みを選ばないカタログギフトが多く出産内祝いとして使われる機会が多くなってきています。カタログギフトは、日用品や生活雑貨、食品、ギフト券等の多くの種類の品物が記載されていて、もらった人が好みの品を選ぶことができます。

出産内祝い等のお返しの品は、もらって困らない食べ物や洗剤等の日用品が望ましいとされてきました。好みでない物や少人数の家庭では消費しきれない量をもらった場合に困る方が多いようです。また、赤ちゃんの記念になる名入れの品も、ごく親しい親類なら喜ばれますが、その他の人には、日用品等の残る品には、処分に困ったり、使うのにためらわれる方も少なくないようです。

人によってもらってうれしい物は違いますので、贈る側もいらぬ気遣いをしなくても済みますし、カタログギフトならば、もらった側が商品を選ぶのに、ある程度時間の余裕があります。ただ、出産内祝いにカタログギフトだけ贈るのではなく、お礼の気持ちを込めたメッセージカードも同封しておくと、品物のみよりも感謝の気持ちが相手に伝わります。赤ちゃんへの親しみが湧くように、一緒に子供の名前の読み方を添えておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *