コピー機, ビジネス/オフィス, レンタル

コピー機を導入時、レンタルの良い面と気を付けること

コピー機をすぐに導入したいとき、迅速に契約できるのがレンタルの最大の良い面です。レンタルは、契約するときに審査がないことで明日から使用したい場合でも可能になります。そのため、急遽特設会場でコピー機を使用することになったなど短期間だけすぐに使用する場面で重宝されるでしょう。さらに、特設会場などの催しの日程が急に短くなったなど突然使用する期間が短くなった場合は、その時点でいつでも解約できるメリットもあります。

また、コピー機自体の所有権が借しだしをしている側の会社にあることから固定資産税などの費用が発生しないことも良い点です。しかし、気をつけなければならないこともあります。短期間には非常にメリットがありますが、長期間利用には向きません。コピー機の導入の仕方には、レンタルの他にリースや購入するという方法があります。

他の方法に比べ、月額の費用が2倍になるなど利用期間によってはかなり高額になってしまう可能性があるからです。そのため、どのくらいの期間利用するのかをあらかじめ予測を立てる必要があるでしょう。他には、レンタルの場合機種を選ぶことができないことから古い型を貸し出されたことで使い方が分からなかったり、故障しやすいリスクもあったりします。このようなことから、レンタルを活用するときは短期間ですぐ使用したいときに向いていると言えます。

自分たちがどのようにコピー機を使用していきたいかをしっかり想定した上で、一番いい導入方法を見つけましょう。コピー機のレンタルのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です