コピー機, ビジネス/オフィス, レンタル

コピー機のレンタル契約を結ぶ際の注意点

コピー機をオフィスや事務所などに設置するためにも、リース契約やレンタル契約を利用するという場合が増えてきました。リースとレンタルの大きな違いは契約期間が長いか、短いかで分類されますが、選挙期間中のみ使用したいという場合や数日のイベントのみで使用したい場合、仮事務所を運営する際に使用したいという場合などに、1日から3年という比較的短期間の利用であればリース契約よりもレンタル契約の方がコスト面でもお得だといわれています。様々なメリットがあるレンタル契約ですが、実際に契約を結ぶ場合にはメリットだけではなく注意点もしっかり把握しておくと後でトラブルが起こる心配がありません。注意点とはリース契約に比べて毎月の支払金額が高くなってしまう傾向にあることです。

レンタルは試用期間をフレキシブルに設定することが出来る反面、支払金額は高く設定されている場合が多くその金額はリースの約1.5倍から2倍あたりが相場といわれています。他にもリースでは最新機種を選ぶなど、目的に応じて機能性や最新機種など利用したい機種を自由に選択出来る特徴がありましたが、この契約では貸し出しをする会社の在庫からセレクトされた機種を借りることになるので、ある程度コピー機の機能については選択が出来ても最新機種やモデルを指定することは出来ないと理解しておきましょう。また搬入搬出費がかかることが多く、初期費用や解約費用として支払う必要があります。コピー機は重量物かつ精密機器なので、出荷時のメンテナンスと専門業者による搬入搬出作業に最低2人は確保する必要があり、購入時よりも費用がかかるケースがあるので注意しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です