コピー機, ビジネス/オフィス, レンタル

レンタルしたコピー機で紙詰まりが起きたときの対処法

レンタルしたコピー機は、返却するまで無事に使い続けられればそれに越したことはありません。これはコピー機のレンタルが短期間であれば可能ですが、ある程度長期間借り受けていると大小さまざまなトラブルが起きます。そのトラブルの中でも比較的起きやすいものの一つが、紙詰まりです。もし、レンタルしたコピー機の使用中に紙詰まりが発生した場合、まずは製品の説明書に目を通してみましょう。

説明書には必ずトラブルが発生したときの解決法がかかれており、紙詰まりが起きたときの対処方法はそこに記載されています。また、機種によっては本体のディスプレイや側面などに貼ってあるガイドにも記載されていることがあります。詰まった紙の取り出し方は機種ごとに異なりますが、共通のポイントは紙が破れてしまわないようにゆっくり取り出すことです。はやく取り出したいからといって力を入れて引っ張ってしまうと、手が届かない所に破れた紙が残ってしまい、コピー機のレンタル会社から保守担当者を呼ぶしかなくなってしまいまいます。

紙詰まりを防ぐためには用紙を正しくセットすることはもちろん重要ですが、セットするときに用紙をさばいて静電気を取り除くことも重要です。くっついたままだと重なったままローラーを通過してしまったり、ローラーを通れずに紙詰まりが起こるおそれがあります。また、湿気が多くなりやすい場所や太陽光が当たりやすい所に紙を置かないことも重要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です