コピー機, コピー機 リース, リース

長期利用に最適なコピー機リース

コピー機といえば企業を運営する上では不可欠の存在となっていますが、実際に新品をメーカーから購入する場合には、一度に多額のキャッシュの支払いをともなうことになるため、特に中小企業の場合には経済的な理由から困難が大きいのが実情です。このような場合に、初期費用や運用コストを安くするためのしくみとして、リース契約による導入が挙げられます。リース契約を締結しておけば、リース会社が所有するコピー機を契約者として毎月固定の料金を支払うだけで利用できるようになります。この場合の所有権はあくまでもリース会社にありますが、利用する上で所有権の有無が影響することは特にありませんので、安価というメリットのほうを追求すべきでしょう。

この料金は試算をしてみればわかりますが、コピー機の性能や契約年数などによって違ってくるものの、ふつうは長く使えば使えほど割安になる傾向がみられます。また所有権がリース会社にあることは、とりもなおさず固定資産税の支払いや経理上の減価償却の手続きなども不要になることを意味しており、その点でもコストや手間の削減が図られるメリットがあります。所有権をもたずに利用するしくみとしてはレンタルもありますが、レンタルの場合は数日や数か月程度のごく短期的な利用であってもフレキシブルにできる反面、料金体系が日割り計算を前提としているため、長期的に利用する場合にはやはり割高になってしまうことに注意しなければなりません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です