コピー機, コピー機 リース, リース

コピー機は個人でもリース契約が可能?

コピー機のリース契約にはさまざまな種類がありますが、原則として途中解約はできず、契約期間終了後にはリース会社にコピー機を返却することが一般的となっています。コピー機のリース契約は個人が私用で利用する場合はできず、契約できる条件としては法人登録をして正式に開業している個人事業主や法人登録はしていないけどフリーランスとして活動している人であれば契約することができます。また、個人で起業している事業主やSOHOなどの小規模ビジネスをしている人でも契約可能で、さらには1人で運営している会社であっても利益をしっかり出している会社であれば契約できる可能性があります。コピー機をリース契約する際は、一度契約すると3~6年は途中解約することができないので、個人の場合は事業収益が落ちる可能性や事業規模縮小の可能性なども考えながら長期の契約はリスクがあると認識しておかなければなりません。

また、個人事業主がリース契約をする場合は契約にかかる審査の信用性も大切なポイントで、特に個人事業主は個人の信用が審査で重要視されます。事業実績があることやローンの滞納などがないことが求められてくるので、まだ実績がない事業を始めたばかりの時期は審査に通りにくくなってしまいます。審査をクリアするためには信用してもらえるようなアピールポイントが必要なので、まだ十分なアピールができるほどの実績がない場合は現在の事業の状況や今後の事業見込みを分析した上で、これから事業が伸びていくことをしっかり説明することが大切になってきます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です