コピー機, コピー機 リース, リース

業務用コピー機をリースするメリット・デメリット

業務用コピー機をリースするメリットとしては、まとまった初期費用がなくても導入できる・料金の支払いを経費として計上できる・減価償却手続きなどの事務作業が不要になるなどといったことが挙げられます。また、機種の指定ができる点も大きなメリットで、基本的にリースでは企業側がコピー機の機種を指定しており、それをリース会社が購入して貸し出すという形になっているので、新品や最新の機種を低コストで導入できることから故障の心配も少なく、メンテナンス費用も節約できるといったメリットが生まれてきます。業務用コピー機をリースするデメリットとして挙げられるのは、トータルの支払い金額が高くなってしまうという点で、最新の機種を指定した場合では本体価格が高くなることと比例してリース料金も高くなります。さらに本体価格の他、税金・金利・手数料・保険料などといったさまざまな諸費用も含まれてくるので、契約する際は表面的な料金だけではなく内訳までしっかりとチェックし、どれくらいの割高になるのか把握した上で契約することが大切になってきます。

また、契約時に定められた固定金利の年数で支払いをしていくことから契約期間中の解約をすることができないため、経営が上手くいかず事業規模を縮小したり経費削減したいときでも1度契約した料金は長期にわたって支払い続けなければならないですし、どうしても解約したい場合は残債を一括で支払わなくてはいけなくなるので注意が必要になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です