コピー機, コピー機 リース, リース

コピー機のリース契約満期後は再契約最新機種の選択も

オフィスワークには欠かせないのもコピー機、買うまでには至らないもののリースで使う会社は大変多くあります。しかし気にかかるのはコピー機のリース契約期間が終わった後のこと、一体その後は使っていた機器はどうなってしまうのか、契約はどうなるのかまで知っておかなければ心配です。業務を行う上で意外と大事な役割を担ってくれるOA機器の代表格ですから、満了期を迎えて撤去されては業務に支障が出てしまうことも考えられます。新たに別の会社を指すのは手間がかかりますし、だからと言って再度契約をするのは気が引けるところです。

理由は稼働率が激しければ激しいほど、機器自体は精密機器ですから劣化が激しくなります。これまで使っていたのですから使い勝手の良さはお墨付き、オフィスで働くみんながサクサクと使い慣れてはいますが、機器自体が古くなってしまうのは否めません。契約満期を迎えたら再び契約して使い続けることはできますが、その先も同じように再契約を繰り返すと、さらに劣化が進むことになります。使用頻度がさほど多くはなく、再度契約でも順調に動くのであれば問題はありません。

そこでもっと賢く使いたいと考えるなら、最新機種のコピー機でのリース契約です。新しい機器なのですから作業効率は格段に上がりますし、真新しいOA機器だからこそ劣化を心配する要素がありません。おまけに最新機種を選んでも良いため、機能向上で最もハイスペックな機器を使えるのも利点です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です