コピー機, ビジネス/オフィス, リース

コピー機のリースはメリットが多数

リースは業務用の機器等で利用できますが、コピー機も扱う会社が多いです。リースはコピー機をリース会社が代わりに購入し、利用者はその利用料金を払って利用させてもらうという形になります。コピー機は金額が高く、一度に全額を出して買うのは負担となりますが、毎月の利用料を支払うのであれば負担は相対的に軽くなります。レンタルとは違って自分で好きな機種を選べるので、業務に合ったタイプを選ぶことができ利便性は高いです。

ただし、誰でも利用できるわけではなく、利用にあたっては審査を受けることになります。できたばかりのベンチャー企業など、まだ信用力がないところだと審査に落ちてしまうことがあります。リースに通ることができれば、購入するなら払わなければならなかった分のお金を別のことに使えるので、購入できる場合でも利用するメリットは大きいです。また、購入だと買い替えを考えなければならず、古くなったコピー機を入れ替えるときの負担が重いですが、リースであれば期間を短くすることで常に最新の機種を利用できるのもメリットです。

他には、金融機関から借り入れをして購入するのと同じような効果が得られるのに、金融機関から融資を受けるわけではないので借入枠があればそれを温存することができます。このように様々なメリットがあるので、コピー機導入の際には利用を検討してみると良いでしょう。購入やレンタルの方が向いている場合もあるので、それぞれと比較をして決めるのが無難です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です