コピー機, ビジネス/オフィス, リース

コピー機をリースするメリットを知ろう

コピー機は主にリース会社が気軽に導入し運用する環境、サービスを控えて提供することが出来る上に、契約者側も長期契約を行うことでレンタルサービスよりも月額利用料を安く、最新機種をオフィスなどに導入できるといった特徴を持っています。では実際にオフィスにコピー機を導入しようと考えているなら、リース契約を行うメリットをしっかり把握しておくようにしましょう。まずコピー機リースのメリットの一つが、大きな投資を必要としない点が挙げられます。経営者にとってキャッシュフローの圧迫は大きな問題ですし、できるだけ利益に直接繋がる設備投資や人材の雇用などに投資を集中したいところですが、バックオフィス業務に不可欠となる設備投資は無視することが出来ません。

最新の機種になると一台で数百万円規模になることも多く購入時の負担が大きくなります。しかしリース契約する場合にはアップフロントでの大きな投資が必要となり、毎月定額を使用料として支払えばいいので非常に便利です。そして契約期間が長くなるほど、月々の使用量は安くなる傾向にあり使用料を安く抑えられることがメリットとなります。例えば5年間の契約満了し、再度借りた場合には月々の利用料がもともとの契約の20%まで抑えられることも多いです。

特に最新型でなければいけないというこだわりがなければ、同じ機種を使い続けることでかなりコストカットしお得に利用することが出来ることもメリットです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です