コピー機, ビジネス/オフィス, リース

コピー機をリースにして、初期投資を安くする

コロナ禍で在宅の時間が増えて副業をする人が増えました。中には副業がうまくいって、本業にする人もいます。税金のことを考えて、起業して会社を作ることもあります。会社を作るとなると、事務所や最低限の設備が必要になってくるのものです。

経営が安定しないうちに、初期投資が大きくなるとプレッシャーになってきます。いくらかの設備は新品ではなく中古で揃えたり、リースやレンタルで済ますことも出来ます。例えば、事務仕事でよく使うのがコピー機になりますが、新品を購入すると高くつくのです。また、修理やメンテナンスも大変な機械です。

そのようなわけで、コピー機はリース契約にするのが賢明だと言えます。コピー機をリース契約にするなら、月々の料金を払いながら使用することになります。料金にはメンテナンスや修理費も含まれているのです。もし、壊れても担当者がすぐに来て問題を解決してくれますので、業務に与える影響は小さいです。

リースの期間が終わったら、機種を換えることもことも出来るでしょう。使ってみて、機能が物足りないと感じることもあれば、オーバースペックと感じることもあるのです。自分に必要なスペックのコピー機を選ぶことが出来るなら無駄を減らせます。今の世の中、安定した仕事はありませんのでリスクを減らすことは大事になります。

初期投資を出来るだけ減らすことによって、事業を安定させることが出来るでしょう。リースやレンタルを賢く使うことが大事です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です