コピー機, ビジネス/オフィス, リース

契約期間を決めてコピー機をリースすればコストは安い

コピー機のリース契約を行うときには、メリット面とデメリット面をきちんと理解して正しく行っておく必要があります。メリットを理解しておけば、コストを削減しながら事業を円滑に進めていくことができるので、非常に大きな力となります。まず、リース契約では初期費用などが必要とせず運用コストを大幅に削減できるメリットがあります。これは、経費に計上するときを考慮しても非常に使える代物です。

例えば、コピー機のリースでは所有権が存在しませんので、無駄な税金を支払わなくても良くなります。コピー機にも、財産的な価値が存在しますので計上するときには減価償却や固定資産と言った税金面でのコストも考慮しなくてはいけません。しかし、リースを利用すればこの問題点を解決できますので、文字通り大きなコストカットを実現できます。また、月額当たりの費用が小さいのでランニングコストも小さくできる魅力があります。

自社で購入した時には、使い続ける限りは自分たちでコストを消費しなくてはいけません。借りている場合は、その間だけで構わないのでこの点も大きな魅力として挙げられます。1つだけ注意をしなくてはならない点が、中途での解約が難しいという点です。コピー機のリースは、きちんと契約に基づいて行われていくものなので、その期間中は利用しなくてはいけません。

言い換えれば、きちんと必要な器官だけ設定すればよいだけなので、このポイントさえ守っておけば無駄な支出を避けることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です