コピー機, ビジネス/オフィス, リース

コピー機はリースとレンタルどちらがお得か

昨今、企業や公共の場などではペーパーレス化が当たり前になり、紙の削減化が推進されていますが、コピー機のニーズは減少する事もなく必須アイテムの一つであります。活用は減るどころか進化し続けており、大量のデータの電子化もあり通信機能がついていったり、データ蓄積用HDDを備えた複合機など多様な性能を持つものが増えています。コピー機を新しく導入しようとしたり、今の機種から変えようと考えている人は、これら多種多様な機能について理解し使いこなせるかなどの選定が難題となってきます。また、コストダウンをはかりたいようなら購入ではなく、リースやレンタルといった事を利用することも可能になりました。

さて、リースとレンタルの違いについてご存じでしょうか。あまり理解していない人も多いようで、自社のタイプと間違ってしまうとコストアップにも繋がってしまうので注意が必要です。リースは自分が使いたい機種を自由に選択ができ、新品新しい機能が付いたものなども使い始めることができるます。初期費用も不要なので、高額な機器を購入した場合にしないとならない減価償却の処理も必要なく料金は経費として扱われます。

レンタルは使用期間が短い場合には適し、契約期間が短く契約期間中に中途解約が可能な場合もあり、多機能のものに乗り換えたくなったり短期間だけコピー機使いたい場合などに適しています。自社にあったパターンを理解し、上手く利用していきたいですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です