コピー機, ビジネス/オフィス, リース

コピー機の購入とリースの違い

様々な業務を行う上で、コピー機はよく使う機器の一つです。事務所には必ず導入する必要があるものですが、購入をすれば100万円程度かかります。資金があれば購入をするという方法がありますが、リースという導入方法もあります。コピー機は機械なので購入したとしてもリースにしても、定期的なメンテナンスが必要です。

リースの場合は貸し出す会社と契約をして月々の料金を支払ってレンタルすることになりますが、その中にはレンタルのための金利も含まれます。しかし定期的なメンテナンスにかかる費用もレンタル料金に含まれているので、その都度費用を出す必要はありません。購入をした場合は、高額なのでローンでの購入が多いですが、ローンの金利に加えて定期的なメンテナンス費用はその都度支払う必要があります。レンタルの場合は契約期限があるので、その期限が終了すれば返却をするか再度契約をして月々の料金を支払い続けることになります。

購入をした場合は、毎月ローンを返済していっても返済が終われば会社のものになるため、その後はランニングコストのみで使い続けることができ、新しいものが欲しい時には買取や下取りを利用することも可能です。それに購入する場合は、中古品を選ぶことができるというメリットもあります。中古品なら新品よりもずっと安い価格で購入することができることがメリットです。コピー機の導入には購入とリースがありどちらを選択することもできますが、価格で決めるなら自由な選択肢がある購入、メンテナンスなどの手間を考えればリースがおすすめといえます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です